環境方針ENVIRONMENTAL POLICY

リサイクル

株式会社ユー・エス・テクロノジー, ファーイースト(U.S.T.F.E.)では、メラミン樹脂・ユリア樹脂(尿素樹脂)・不飽和ポリエステル樹脂の3種類の熱硬化性樹脂を材料として使用しております。
それぞれの材料で成型品を製造している工場で発生する、柄不良、傷不良などの不良品やインジェクション成形時に発生してしまうランナーなどの製品にならない部分が主な材料となります。
ナイロンなどの熱可塑性樹脂であれば、再び熱を加えて液状に融かし、再生することが可能ですが、メラミン・ユリア・不飽和ポリエステルの様な熱硬化性樹脂については、殆どの物が、産業廃棄物として、埋め立て処分されているというのが現状です。
U.S.T.F.E.では、その熱硬化性樹脂を材料としてリサイクルし、熱硬化性樹脂製研磨材を製造しております。
また、メラミン樹脂については、食堂等での食器の入れ替え時などに処分に困るメラミン食器についても回収させていただき、研磨材の材料として使わせていただいております。
回収されたメラミン食器等は、粉砕し、ブラスト用樹脂製研磨材として、電子部品の製造過程でのバリ取りや、航空機の塗装剥離など、幅広い分野で使用されております。
U.S.T.F.E.では、従来、主に埋め立て処分として廃棄されていたメラミン食器や成型品等も、重要な資源となります。
是非、U.S.T.F.E.のリサイクル事業をご活用ください。

環境と人にやさしい塗装剥離

地球環境を維持・改善しながら持続的発展をめざすことは、現在の社会における最重要課題のひとつとなっています。
航空機では、塗装の劣化によるものや、塗膜の下の金属疲労の確認などの為、定期的に塗装を剥がしてクラックの有無など点検しなければなりませんが、機体塗装を剥がす作業には、従来から、塩素系有機溶剤を主成分とし、フェノール、クロム酸などを含む剥離剤が大量に使用されて、環境破壊や作業者への健康被害など、悪影響が発生していますが、環境と人への配慮から、欧米では各薬剤への規制が強化され、使用が制限され始めております。
この従来の塗装剥離方法では、有機溶剤の使用量も多いのですが、更には剥離後の水洗浄でも溶剤等による大量の汚染水が発生しておりました。
このような環境と人に対して影響の大きい有機溶剤を使用しての塗装剥離から樹脂製研磨材であるPOLYMEDIAを使ったブラスト加工(PMB:Plastic Media Blasting)に切り替えることにより、排出廃棄物量の大幅削減も可能となり、とても環境に配慮した加工方法となります。

株式会社ユー・エス・テクノロジー, ファーイーストは
株式会社アイリスの共同事業者として、ISO14001に取り組んでおります。

基本理念

株式会社ユー・エス・テクロノジー, ファーイーストは、株式会社アイリスとともに、
“私達のしごと”である小さな楽しい商品を創り、潤いと和みを提供する事が私達を支えている“環境(地域社会)”や
“人(隣人)”にも優しくあれる事を大切な使命と捉え、環境保全活動を推進していきます。

株式会社アイリス活動方針

  1. 当社は、服飾付属品等の製造販売を中心とした事業活動、製品及びサービスから生じる環境への影響を的確に捉え、環境保全活動を行います。
  2. 環境汚染の予防に努めるべく環境保全活動として、以下の項目について重点的に取り組みます。
  3. (1)CO2の発生を抑えるため、使用するエネルギーの削減に取り組みます。
    (2)リサイクル、リデュースを推進し、資源の有効活用に取り組みます。
    (3)グリーン購入の推進に取り組みます。
    (4)環境を考慮した商品を開発し、提案・普及に積極的に取り組みます。
  4. 環境に関する法規制、及び当社が同意したその他の事項を明確にし、これを遵守します。
  5. 環境パフォーマンスの継続的改善を達成する為に、環境マネジメントシステムの向上に取り組みます。
  6. 環境方針を通じて、環境目的及び目標を設定し、これを定期的に見直します。
  7. 環境方針を全要員に周知し、環境保全意識の向上に取り組みます。また、関連会社や取引業者にも理解と協力を得るべく、啓発活動を行います。
  8. 環境方針を一般公開します。

株式会社アイリス 代表取締役社長 大隅 洋