会社概要COMPANY PROFILE

株式会社ユー・エス・テクノロジー, ファーイーストは、世界に先駆け米軍機の塗装剥離用のブラスト材として
樹脂製研磨材を開発した、米国のUS TECHNOLOGY Corporationとライセンス契約を結んでおります。

印刷用PDFはこちら

株式会社ユー・エス・テクロノジー, ファーイーストは、商道徳を遵守し、 ステークホルダーとの信頼関係の構築・維持に努めます。

社名 株式会社ユー・エス・テクノロジー,ファーイースト(U.S. TECHNOLOGY, FAR EAST Corporation)
所在地 〒370-0353 群馬県太田市新田上中町18-5 株式会社アイリス 新田工場内
TEL/FAX TEL:0276-57-5614 / FAX:0276-57-5615
設立 1989年6月7日
代表者 野出 諭
資本金 6,000万円
取引銀行 群馬銀行
事業内容 航空機向け、電子部品向け等の、熱硬化性樹脂を使用したエアーブラスト用投射材である、樹脂製研磨材の製造・販売

沿革

印刷用PDFはこちら
1980年
米国コネチカット州PUTNAM社(現US TECHNOLOGY Corporationの前身)が、世界に先駆け米国空軍機の塗装剥離用として、熱硬化性樹脂製研磨材を使った塗装剥離方法を開発し、製造販売を開始
1982年 04月
光研化成東京株式会社(代表 草野和雄)が日本総輸入元の権利を取得、日本国内向けとして輸入販売を開始
1989年 06月
需要拡大に伴う国内生産のため、服飾ボタン製造販売の株式会社アイリスと光研化成東京株式会社の共同出資で株式会社ユー・エス・テクノロジー,ファーイーストを設立(資本金 3,000万円)
1990年 04月
株式会社アイリスの本社工場内に、太田工場稼動開始(年産200t)資本金を6,000万円に増資
1995年 01月
群馬県太田市新田上中町18-5 (旧 群馬県新田郡新田町大字上中)に工場を移転するとともに設備を増設(年産300t)
1997年 02月
太田市飯塚町1933に本社を移転
1998年 03月
生産設備の増強(年産400t)
1999年 11月
生産設備の増強(年産450t)
2000年 02月
従来よりも小さいサイズ用の生産設備の新設
2002年 10月
生産設備の増強(年産550t)
2004年 03月
太田市末広町554-1に本社を移転
2004年 04月
新棟完成(在庫倉庫及び検査室)
2004年 11月
生産設備の増強(年産650t)
2004年 12月
ISO14001認証取得
2005年 12月
ISO9001を株式会社アイリスの共同事業者として認証取得
2006年 02月
ISO14001を、あらためて株式会社アイリスの共同事業者として認証取得
2011年 08月
極小サイズ生産専用機の新設
2012年 09月
蛍光X線分析装置の導入
2013年 11月
赤外線分光分析装置の導入
2015年 5月
NadcapおよびJIS Q 9100認証取得に向けJAQG航空宇宙品質センターの協賛メンバーとして登録

ISO9001/14001